SAD

SUNNY SUN DESIGN ASSOCIATES PR MAGAZINE

 

キセに、胸きゅん。

2016.5.25  CATEGORY / コラム  TAG /

待ちに待ったゴールデンウィークも過ぎ去り、干物のようにカラッカラにしおれてしまった、
コピーライターの西野です。

次の祝日まで、あと…。
やだやだ、そんな悲しいこと知りたくない!
私は、祝日なんかなくたって元気に仕事に励むもん!
と若干強がりながら今月もコラムを書かせていただきます。

稀勢の里がまたもや初優勝を逃し、彼のファンであり続けるには、忍耐強さを鍛える必要があることを痛感しました。
期待しては裏切られ、今度こそはと期待しては裏切られ…。
いや、彼も大切なファンを裏切りたくはないはず、
ってか、今、誰よりも優勝したくてしたくてたまらない力士の1人だと思います。

だけど、負けちゃう。
頑張っても、負けちゃう。
これが現実なんですね。
横綱になるまでの道のりはまだまだ遠い…。

けど、来場所こそは!と期待させてくれるのも彼の魅力的なところです。
キセノン♡私はいつまでもあなたについていきます♡っていう「スー女」(相撲好きの女子)の1人として応援してますから!
だなんて、人のことばっかり応援してる場合じゃないんです。

私も私なりのしあわせをつかまなきゃ、という焦りだってあるんです。
私なりのしあわせって何だろう?と考えた時、真っ先に頭に浮かんでくるのは「結婚」の二文字。

「結婚」。気づかぬうちにアラサーと呼ばれる年齢になってしまい、周囲が次々に結ばれていく中、完全に取り残されつつある独り身の私。
独り身といったらさぞかし、それはそれは寂しさのあまり毎日涙に濡れている…と思われがちですが。
いえいえ、とんでもない。強がりでもなんでもなく、私はまったく寂しさを感じないんです。

地元には応援してくれる家族がいて、帰るたびに遊んでくれる友達がいて、大阪には毎日通う職場があって、あたたかい上司と仲間がいて、これ以上何を求めますか?ってくらい私は周りの環境に恵まれています。
日々感謝!みたいなちょっとしたきれいごとのような言葉はあまり好きではありませんが、まさに今の私はそんな言葉通りの環境にいます。

でもね、だけどもね、欲張りを言うとね…やっぱり恋したときのあのなんとも言えないウキウキとワクワクとドキドキを感じるのもいいかなって思ったりもするのです。
うふふ…。おっと、よだれが…(笑)。
よだれを拭いながらにやけている私の視線の先には、相変わらず勇ましく魅力的なキセノンがいるのでした。ちゃんちゃん。

Mika Nishino

Mika Nishino
Copywriter

Pickup Contents

CONTACT

弊社では総勢60名のデザイナーが、お客様の幅広いニーズにお応えしております。
案件のご相談は、所定のフォームよりお問い合わせ下さい。
本社の大阪または東京オフィスの担当者よりご連絡致します。

CONTACT US

※土日祝、お盆、年末年始などの休暇中のお問い合わせは、翌営業日以降に順次対応させていただきます。